正しいニキビ洗顔の仕方

ニキビを改善、予防する為にはニキビ洗顔は基本だと言っても過言ではありません。

 

しかし、ニキビを改善、予防する為にはただ洗顔をすれば良いということではありません。
間違ったニキビ洗顔をしているとニキビを改善、予防するどころかニキビを悪化させてしまう可能性があるのです。

 

まずは、何故ニキビ洗顔が基本なのかをご紹介していきましょう。

 

ニキビの出来てしまう原因はストレスや食生活の乱れ、ホルモンバランスや睡眠不足など何らかのトラブルが原因となり、皮脂が過剰分泌をしてしまった結果、毛穴に皮脂や汚れが詰まり皮脂をエサとするアクネ菌が増殖することで炎症を起こしてしまいニキビとなるのです。

 

その為、ニキビを改善、予防する為にはアクネ菌の増殖を抑える為に毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除く必要があります。
この毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除く為にニキビ洗顔を行なうのです。

ニキビを改善、予防する洗顔法

 

ニキビ洗顔は正しく行わなければニキビを悪化させてしまう可能性があります。
ここではニキビを改善、予防する為の正しいニキビ洗顔方法をご紹介していきましょう。

正しいニキビ洗顔方法 9つのポイント

  1. 髪が顔に掛からないようにヘアバンドなどでしっかりと止めます。
  2. 手をハンドソープなどで洗い、流します。
  3. 清潔なタオルを40〜50℃のお湯に浸し、軽くしぼり蒸しタオルを作ります。
  4. 蒸しタオルを2〜3分間、顏に当てます。
    こうすることで、毛穴が開くのです。
  5. 35〜40℃程のぬるま湯で顔を素洗いします。
  6. 洗顔料を適量に取り、十分に泡立てて下さい。
  7. よく泡立てた洗顔料を額からこめかみ、眉、鼻、目の周りから頬、口の周り、顎、首筋の順に指の腹を使って優しく洗います。
  8. 洗顔料が顔に残らないように十分にすすぎ洗いして下さい。
  9. すすぎが不十分であるとニキビの原因となってしまいますので、たっぷりすすぎましょう。

ニキビ洗顔の注意点

ニキビ洗顔を行なう上で大切なことは、

豊富な泡で指の腹を使って優しく洗顔すること
すすぎを十分に行うこと

の2点です。

 

毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかりと取ろうと指で力任せにゴシゴシを洗顔する方がいらっしゃいますが、肌にダメージを与えてしまう可能性がありますので絶対にいけません。
毛穴に詰まった皮脂や汚れは泡で取り除くことができますので、優しく洗顔するようにして下さい。

 

また、洗顔後は速やかにスキンケアを行なうことをお勧めします。
洗顔後、いつまでもそのままにしていると肌が乾燥してしまいます。

 

肌が乾燥することで、肌は外部の刺激から肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまいその結果、ニキビができやすくなってしまうのです。
これでは、ニキビ洗顔をした意味がなくなってしまいます。

 

ニキビ洗顔でニキビの原因である毛穴に詰まった皮脂や汚れを優しくしっかり取り除き、速やかなスキンケアで肌に水分補給をした後、乳液やクリームなど肌にしみこませた水分に蓋をするように保湿してあげましょう。

 


⇒ 今月の人気No1洗顔料、美容液石けん アクナイン

 

ニキビ専用洗顔料、今月の人気ランキングはこちら