肌質別のニキビ洗顔の仕方【オイリー肌】

ニキビというとオイリー肌又は混合肌の方にできるものというイメージを持たれがちですが、乾燥が原因によるニキビもあります。

 

また、自分はオイリー肌だと思っていても実は乾燥肌だったという方も少なくありません。
ニキビ洗顔方法は、肌質によって注意することがあります。ニキビを予防、改善するには、しっかりとご自身の肌質を知り洗顔することが大切です。

 

ここではオイリー肌の洗顔方法のポイントを紹介します。

こんな方はオイリー肌タイプ

  1. 肌全体が脂っぽい
  2. キメが荒い
  3. 毛穴が開いている
  4. メイク崩れが早い
  5. ニキビができやすい

オイリー肌の場合は、皮脂量、水分量共に多い傾向があり、ニキビが出来てしまうのは皮脂量が多く毛穴に詰まりがです。

オイリー肌のニキビ洗顔ポイント

クレンジング後、洗顔前に蒸しタオルを顔に2〜3分程当てて毛穴を開かせる
豊富な泡で、皮脂の多い部分から順に洗っていく
十分にすすぎ、最後に冷水で2〜3回素洗いする
洗顔後は速やかにスキンケアを行なう

洗顔前に蒸しタオルを当てることで毛穴が開きますので、毛穴に詰まった皮脂や汚れが取れやすくなります。
また、豊富な泡で皮脂の多い部分から洗っていくことで泡が毛穴に詰まった皮脂や汚れを吸着し取り除きますので、皮脂の多い部位から順に洗顔していきましょう。
最後に冷水で素洗いすると、開いた毛穴がキュッと締まりますのでお勧めです。

 

オイリー肌の方は肌の乾燥があまりない為、洗顔後すぐにスキンケアをせず時間を空けている方が多く見受けられます。
しかし、オイリー肌であっても洗顔によって毛穴に詰まった皮脂だけでなく、肌のバリア機能である油分までもを取り除いてしまっている場合があるのです。

 

肌のバリア機能である油分がなくなってしまった肌は、肌を外部の刺激から守る為に皮脂を過剰に分泌してしまいます。
その結果、ニキビができやすくなってしまいますのでニキビ洗顔後は速やかにスキンケアを行って下さい。

 


⇒ 今月の人気No1洗顔料、美容液石けん アクナイン

 

ニキビ専用洗顔料、今月の人気ランキングはこちら