ニキビを隠して自然な仕上がりへ!

メイクは成人女性の身だしなみの一つであり、メイクするからには肌を美しく見せたいと思う女性は少なくありません。

 

しかし、ニキビが出来てしまうとファンデーションを塗っても赤みが残ってしまったり、ニキビの部分が突起しているせいかニキビの上だけファンデーションが厚塗りになってしまったりと綺麗に仕上がらず憂鬱になってしまう経験のある方も多いでしょう。

 

そこで今回は、ニキビを隠すメイク術をご紹介致します。

 

隠すと言っても厚ぼったくならずに自然な仕上がりとなりますので是非、ご参考にしてみて下さい。

うす付きで自然な仕上がりに

まずは下記のものを用意します。

用意するもの
  1. コンシーラー
  2. 粉ファンデーション
  3. メイクブラシ

コンシーラーはニキビ用のタイプがお勧めです。
粉ファンデーションはパール感のあるものが良いでしょう。

 

では、さっそくメイクをしてみましょう。

ニキビを隠すメイク方法

  1. ニキビを隠したい部分とTゾーンにコンシーラーを塗ります。
  2. コンシーラーを付け過ぎてしまったら、指で馴染ませるようにして下さい。
  3. メイクブラシで粉ファンデーションを全体につけていきます。

ベースメイクはたったこれだけです。
チークを付ける際は濃くならないように注意して下さい。

 

こんなシンプルなメイクでニキビが隠せるの?と思われる方もいるでしょう。
しかし、ニキビを隠そうとするとどうしてもファンデーションを厚塗りしてしまいニキビばかりが目立ってしまいます。

 

ニキビとTゾーンだけにコンシーラーを塗り、パール感のある粉ファンデーションで仕上げることで、ファンデーションは厚ぼったくならず透明感のある肌へと仕上がります。
また、コンシーラーを付けても隠し切れないという場合でもナチュラルな仕上がりの方が目立ちませんのでお勧めです。

クレンジングはしっかりと

ニキビを隠すメイク術では、ファンデーションをうす付けすることでナチュラルで自然な仕上がりとなり、ニキビをカバーできます。

 

しかし、ファンデーションをつけているのには変わりありませんので、帰宅後はしっかりとクレンジングして下さい。
ナチュラルメイクの場合、リキッドファンデーションなどでしっかりとベースを作った時よりクレンジングが疎かになりがちな方が少なくありません。

 

しかし、クレンジングが疎かになってしまうと毛穴が詰まりニキビの原因となってしまいます。
クレンジングでしっかりとメイクを落とし、ニキビ洗顔することで毛穴の詰まりを予防してくれます。

 

クレンジングにはシートタイプやオイルタイプ、ミルクタイプ、洗顔料タイプなど様々ですがニキビを予防する為に、クレンジングとは別にニキビ洗顔することをお勧めします。

 

洗顔料タイプのクレンジングをお使いの方は、クレンジング後にもう一度ニキビ洗顔すると良いでしょう。

 


⇒ 今月の人気No1洗顔料、美容液石けん アクナイン

 

ニキビ専用洗顔料、今月の人気ランキングはこちら