肌質別のニキビ洗顔の仕方【乾燥肌】

ニキビというとオイリー肌又は混合肌の方にできるものというイメージを持たれがちですが、乾燥が原因によるニキビもあります。

 

また、自分はオイリー肌だと思っていても実は乾燥肌だったという方も少なくありません。
ニキビ洗顔方法は、肌質によって注意することがあります。ニキビを予防、改善するには、しっかりとご自身の肌質を知り洗顔することが大切です。

 

ここでは乾燥肌の洗顔方法のポイントを紹介します。

こんな方は乾燥肌タイプ

  1. 肌全体がカサカサしている
  2. 肌につっぱり感がある
  3. 肌全体にうるおいがない
  4. 小じわができやすい
  5. 肌はカサカサしているのにニキビができる

乾燥肌の場合は、皮脂量、水分量ともに少ない為、肌のバリア機能である油分を分泌しようと皮脂が過剰に分泌されてしまい肌が乾燥しているのにも関わらずニキビができてしまうことがあるのです。

乾燥肌のニキビ洗顔ポイント

洗顔につかうお湯は35〜36℃程のぬるま湯にする
肌をゴシゴシこするように洗うのではなく、指先を使って豊富な泡で優しく洗顔する
入浴や洗顔後は速やかにスキンケアを行なう
スキンケアは水分補給である化粧水の後、必ず乳液やクリームでしっかりと保湿をする

乾燥肌の方はオイリー肌や混合肌の方と比べて肌のバリア機能が低下しており、少しの刺激でもダメージを受けてしまいます。
その為、肌に負担を掛けないよう豊富な泡で優しくニキビ洗顔することが大切です。
豊富な泡で洗顔することで毛穴に詰まった皮脂や汚れが泡に吸着し、取り除くことができますのでゴシゴシとこすらないようにして下さい。

 


⇒ 今月の人気No1洗顔料、美容液石けん アクナイン

 

ニキビ専用洗顔料、今月の人気ランキングはこちら