アクネ菌とは!?

ニキビにはアクネ菌が深く関わっています。
皮脂が過剰に分泌されることで皮脂をエサとするアクネ菌が増殖し、毛穴で炎症を起こしニキビとなってしまいます。

 

そもそもアクネ菌とは何でしょう?
アクネ菌は、常在菌といって肌を正常に保つためにコントロールする働きをする細菌であり誰の肌にも存在するのです。

 

ニキビの原因となる細菌の為、悪い細菌だと思われがちですが皮脂分泌が正常であればアクネ菌の量も安定していますので何ら問題はありません。

 

しかし、皮脂分泌が過剰になってしまうと皮脂を好むアクネ菌はどんどん増殖してしまうのです。
アクネ菌は皮膚のどの部分にでもいるという訳ではなく、アクネ菌の好む場所があります。

 

それは皮脂の分泌量が多い、顏や背中、胸です。
要するにニキビができる場所ですね。
またアクネ菌は皮脂を好む反面、酸素を嫌う性質がある為、皮脂や汚れで詰まってしまっている毛穴はアクネ菌にとって格好の住処となります。

アクネ菌によるニキビの悪化

皮脂の過剰分泌が原因で増殖しニキビを発症させるアクネ菌ですが、そのまま放置しておくとアクネ菌は更に増殖を続けニキビを悪化させてしまいます。

 

毛穴に棲みついたアクネ菌はポルフィリンという物質を分泌します。
このポルフィリンは、紫外線に当たると大量の活性酸素を生み出すのです。
活性酸素はニキビの炎症を悪化させ、更に皮膚の細胞を破壊してしまう働きがある為、早い段階でケアしていくことが大切だと言えます。

 

アクネ菌を減らすには、皮脂の分泌量を正常にし、ニキビ洗顔で毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことが大切です。
ニキビ洗顔で毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことで毛穴に酸素が行き渡るようになり、アクネ菌が棲みにくい環境となります。

アクネ菌を正常に戻すには!?

アクネ菌の量を正常に戻すには、正しいニキビ洗顔を行なうことが大切です。
また、スキンケア用品をアクネ菌対策用にするのも良いでしょう。

 

他にも、皮脂の過剰分泌の原因となるストレスや睡眠不足、バランスの悪い脂質の多い食生活などの改善も大切です。

 

しかし、アクネ菌対策をする上で注意して頂きたい点があります。

 

それは、過剰な対策を控えるということです。
例えば、ニキビ洗顔ですが基本は朝夜の2回にしましょう。
早くニキビを改善したいからと言って、1日に何度もニキビ洗顔をしてしまうと肌のバリア機能である油分まで洗い流してしまい、皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

 

また、スキンケア用品も沢山つければ効果が上がるという訳ではありませんので、適量を守りましょう。

 


⇒ 今月の人気No1洗顔料、美容液石けん アクナイン

 

ニキビ専用洗顔料、今月の人気ランキングはこちら